スパーサッカープレイヤー サッカー界における歴代・現役スーパープレイヤーの紹介

スーパーサッカープレイヤー
PICKUP!LINK

ドメインバンクは、中古ドメイン 販売を専門とするサイトです。中古ドメインを使用すると、新規ドメインよりも速く順位を上げることが可能ですし、対象のキーワードを挙げるSEO対策にも効果を発揮します。

イタリアで生まれてなければ…

2010-2011年のサンプドリアはセリエBに降格してしまったが、90年代前半のサンプはチャンピオンズカップ(当時)の決勝に進出したことのある強豪だった。ミランやユベントスのように選手層厚く豪華という訳ではないが、濃ゆ~い個性派を揃えたチームだった。 マラドーナやファン・バステンといった「神」をも恐れさせたハードかつクリーンなストッパー・ビエルコウッドが突破を許さず、82ブラジルの「黄金の中盤」の生き残りトニーニョ・セレーゾが老獪なプレーで中盤を構成。攻撃に転じてはロベルト・マンチーニとジャンルカ・ビアリの名コンビがゴールを奪う。ビアリのユーベ移籍後はミランを追われたルート・フリットが加入し、中盤で激しくプレスに参加したと思えば、前線に走りこんで豪快なシュート決める「中盤の自由人」として大復活しました。

30億円の男

W杯大会前のメンバー選考ってのは世界各国で悲喜こもごもを生んでいる訳ですが、大会前に故障してしまって、大会を棒に振った有力選手も多々いる訳です。 94年W杯を臨むイタリアはレギュラーに予定していた選手が3人故障で使えなかった。一人はマルディーニのライバルと言われたアンドレア・フォルトゥナート。2人目が右サイドのユーティリティープレイヤーだったアレッサンドロ・ビアンキ。そしてジャンルイジ・レンティーニ。 レンティーニはイタリアでは貴重なレフティのウインガータイプのMF/FWで、スピードとテクニックがあり、サイドからの突破とクロスでアシストを量産していた。

史上最高の左サイドバック

筆者は史上最高の左サイドバックとしてパオロ・マルディーニを推したい。ロベルト・カルロスの方が上とか異論はあるだろう。でも、ここまで完璧なDFは現在でもお目にかかれるものではない。 対面のアタッカーがテクニックで来ようがスピードで来ようが1対1で抜かれることはなく、ロングボールにも185センチの長身を生かしたヘッドで跳ね返す。80年代のミランの複雑な戦術をものにして、若くしてレギュラーを確保したように、高度な戦術理解力も併せ持っていた。

90年代最高のリベロ

ゾーンプレスやハイラインディフェンス等、現代サッカーでは常識とされる戦術をイタリアに持ち込んだACミランのアリゴ・サッキ監督。ACミランは80年代後半~90年代前半にかけて欧州のあらゆるタイトルを総ナメにした最強チームだった。 そのミランの中心選手だったのがセンターバックのフランコ・バレージだった。優れたポジショニングで一対一に抜群に強く、裏を取られても追いつける走力を持ち、広い守備範囲でカバーリングしまくる。巧みなラインコントロールは彼が手を上げてアピールすればオフサイドを取れると言われた程。